AKAZUの植物図鑑

自然、園芸、ガーデニング、SDGs?の実践記録。

レモンの鉢植え栽培 その3

開花もほぼ終わり花はほとんどなくなり新葉がどんどん出てきています♪
そして、残念ながら実のような物は確認できませんでした、、、花はいっぱい咲いたのに何故だろう。
受粉出来なかったのかなっなどとじっくり眺めていると葉の表面に小さな虫が。。。

そんな訳で今回は5月末のレモンの木の様子と病害虫対策をお伝えしたいと思います。

私のレモンが実らない理由と病害虫対策

私はこのレモンの木を育て始めて約2年ほど経ちますが実がなった事は一度もありません。。。まだ小さいからかなっと自分を誤魔化してきましたが(笑)やはり何か原因があると思うので調べてみました。

5月末のレモンの状態

現状の家のレモンの様子です。

相変わらず樹形が悪い、、、とりあえず、支柱を使って固定してみようかな。そして、次に剪定する時に整えたいと思います!
ちなみに剪定の適期は暖かくなってきた3月〜4月です。
レモンの木は寒くなると休眠するので暖かくなってきて休眠から覚めたかな?っくらいの時に剪定してあげると良いです。

少しですが。まだ花も咲いています♪

蕾も少しですが、まだあります。

見た感じ実のような物はありませんでした、、、正確には実のような物は出来ていたのですが最近の強風でどっかに飛んでいってしまったようです。

実をつけたい!!

今年は無理そうですが、いい加減実をつけさせたいので私のレモンが実らない原因を考察してみます。

(実つかない原因)

日当たり
レモンは日光を好む木なので日当たりが良くないと成長も遅くなり、なかなか実をつけないようです。
私はベランダでレモンを育てているので日光が足りないのかなぁ。。。一応、南向きなんですが。

ただベランダの性質上、通気性は良くないようで土の表面にコケが生えちゃってます。

通気性の問題も考えていかなければ!

剪定しなすぎ
私は最近までレモンは放置気味でした、、、なので剪定もほぼしていませんでした。
剪定する事で余計なエネルギーを使わせず温存出来るので実をつけやすくなるようです。
剪定は適度に適期にする事が大切なようです。そして、春芽(春に出てきた芽)は残す事が大切なようです。

摘果してない
多すぎる、花、蕾、実を摘む事を摘果(てきか)と言うようです。
適度に摘む事で余計なエネルギーを使わせないように出来て結果的に大きな実が出来るっといった作用があるようです。
私は基本放置だったので一切やった事はなかったので原因の一つかもしれません。

水、肥料が足りない
レモンは水も肥料も多く必要とする植物です。
私は水はやっていましたが肥料はあまりあげていなかったので実をつけない原因の一つかもしれません。

私が考えられる原因としては以上なので、これらを意識して今年は育てて来年こそ実をつけさせたいですね!
そして、自家製レモンハイボールが飲みたい!!(笑)

レモンの木につく害虫?

画像ではわかりにくいと思いますが、これを見て下さい。

たぶんアブラムシ。。。かな??

ベランダで同じく育てているブロッコリーにアブラムシが発生したのですが、そのアブラムシが移ってきたのかな?

ブロッコリーについたアブラムシはベニカXファインスプレーで撃退したのですがレモンには使えるかわからなかったので今回はティッシュで取りました。

ですが、これから梅雨に入ると病害虫の被害にあう可能性は高いので果樹に使える専用の薬剤を持っていた方が安心かもしれません。

読者登録お願いします↓↓↓

レモンの鉢植え栽培 その2 - AKAZUの植物図鑑

こちらポチってもらえると励みになりますので宜しくお願いします↓↓↓

ベランダガーデンランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村