AKAZUの植物図鑑

自然、園芸、ガーデニング、SDGs?の実践記録。

水耕栽培で野菜を育てる! その2

私は最近、水耕栽培で野菜を作る事にハマっています♪
ですが、まだ始めたばかりで収穫には至っていません。

前回ご紹介したレタスやベビーリーフは育ってきてはいますが梅雨という事もあり日照量が足りないのか徒長気味です、、、

そんな状況にめげる事なく今回はまた別の野菜を育ててみようと思いました!

チンゲンサイと小松菜

またダイソーで種を仕入れてきました♪
最近は野菜の種を見るのが趣味みたいになってます(笑)

そんな訳でチンゲンサイと小松菜の種を植えてみたいと思います!

種の詳細

まずはチンゲンサイの種

チンゲンサイと言ってもミニチンゲンサイです。

種の形状は小さくて丸い粒状です。


次に小松菜の種


種の形状はチンゲンサイと同じですね。
チンゲンサイと小松菜は同じアブラナ科なのですが、アブラナ科の種ってみんなこんな感じなのかな?

種蒔き

用意した物はこちら

前回と同様にハイドロボール(小粒)に種を蒔きました。
容器はダイソーの豆苗プランターです。

どちらの種も好光性種子なのでパラパラっとふりかけるように蒔きました。

ハイドロボールと種が同化してしまいよくわかりませんがちゃんと蒔けているはず、、、

そして、いつも何を蒔いたかわからなくなってしまうので今回はプレートをつけてみました♪


日付もしっかり書いたので、これで忘れる事はないでしょう。
字が汚いのはご了承ください(笑)

発芽と今後のお世話

2日後に無事に発芽しました♪
どちらも1ヶ月で収穫が出来ると言っているだけあって成長が早いです!

現在、我が家で1番日当たりの良い窓際で育ているのでこのまま窓際で栽培したいと思います。

そして二葉が出てきたら液肥(微粉ハイポネックス)を与えていきます。

ただ、気になった事が一つ。
種の袋の裏の説明によると小松菜は株間10㎝、チンゲンサイは。。。


株間20㎝!!


10㎝はともかく20㎝って、、、

豆苗プランターのサイズ的にチンゲンサイ1株しか育てられなくないか??っと発芽してから気づきました(笑)

とりあえず、密植栽培みたいな感じで実験的に育ててみたいと思います。

読者登録お願いします↓↓↓

水耕栽培で野菜を育てる! その1 - AKAZUの植物図鑑

こちらポチってもらえると励みになりますので宜しくお願いします↓↓↓

家庭菜園ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村