AKAZUの植物図鑑

自然、園芸、ガーデニング、SDGs?の実践記録。

ガーベラの栽培 その6

最近は天気の良い日には外で日光浴をさせ土が乾いたらお水をあげるといった普通の日常管理をしています。

葉っぱがニョキニョキと。。。

追肥と日光浴のお陰かどんどん新しい葉をつけてくれています♪
そんな葉っぱ達を愛でているとある異変に気付いてしまいました。。。

現在の様子

お世辞にも綺麗とは言えないお花ですね(笑)
ですが、葉っぱのボリュームはなかなかです♪

現在、花はこの傷んだ花2つだけです。

流石にそろそろ見苦しさもあるので摘んでしまおうと思っています。

新しい蕾も出来てきましたし♪

異変!!

何かいくつかの葉の表面に白い粉のような物が付いている事に気づきました。。。カビ?病気??

気づいたのは最近ですが、前に撮った写真をしっかり見てみると白いものが確認出来ました、、、これいつからあったんだろ。
しかし、その頃より範囲が広くなっているようで確実に何かが進行している事が伺えます。

うどんこ病

調べたところ、この白いカビのような物はうどんこ病と言う植物の病気の中ではわりとポピュラーな病気のようです。
うどん粉(小麦粉)をかけたような見た目になる事が名前の由来です。

詳しくは、、、
うどんこ病(うどんこびょう)は子嚢菌の一種であるウドンコカビ(ウドンコカビ目ウドンコカビ科に属する菌類)によって被子植物に生じる植物病害の総称(ウィキペディア調べ)

簡単にいうと葉っぱにつくカビですね、、、
通気性などが悪いと発生してしまうようで放置していると広がっていってしまうようです。

うどんこ病対策

調べるといろいろありましたので、いくつか紹介します。

① 感染している箇所を除去する。
つまり感染してる葉を切り落としてしまう単純な方法です。

②葉水
うどんこ病の原因菌は水分に弱いらしいので感染初期なら一定の効果があるそうです。。。っが、うどんこ病は蒸れで発生するものなので逆効果になりそうな気もします。

③お酢スプレー
食用のお酢を水で100倍程度希釈して感染部分に散布する。
ですが、薄めすぎると効果はなく、濃すぎても害が出る事もあるようなので難しい気もします。

④重曹スプレー
水に重曹を1リットルに小さじ1程度入れ希釈した物を散布する。ちょっとお酢を混ぜると更に効果的だとか。。。

⑤薬剤
結局、専用の薬剤を使うのが1番効果的ではあると思います。

様々な薬剤がありましたが、個人的にはベニカXファインスプレーが使いやすいのかなっと思いました。
他のいくつかの害虫にも効果があるみたいですし♪

私はあまり薬剤は使いたくない派の考えではありますが今後もガーデニングをやっていくのであれば備えとして持っていたら安心かなっと思いました!

今後の対策

まずは、うどんこ病が広がってしまっているところを切ってみようと思います。
それでも症状が改善しないようなら薬剤散布をしようと考えています。ですが、、、切って治ってくれる事に期待したいです!!!

読者登録お願いします↓↓↓

ガーベラの栽培 その5 - AKAZUの植物図鑑

ガーベラの栽培 その7 - AKAZUの植物図鑑

こちらポチってもらえると励みになりますので宜しくお願いします↓↓↓

花・ガーデニングランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村